総合
能力不足の従業員を退職させる際に注意する3つのポイント③-不当解雇の訴えに負けない会社を作る

こんにちは

  咲くやこの花法律事務所の弁護士西川暢春です。



以前に、不当解雇の訴えに負けない会社を作るために

「能力不足の社員を退職させる際に注意する3つのポイント」

の2つのポイントのうち、



「退職願をとりつけること」


「能力不足について証拠を残す」



ことが大事なポイントですとお話しました。




今回は最後の3つめ目のポイントについてお話します。



解雇する前に

「別の仕事を担当させる」

ということが重要なポイントになります。





裁判所で解雇が正当と認められるためには、
会社として別の仕事を与えるあるいは配置転換をするなどして、

「本人の能力に見合う仕事を与え雇用を維持しようと努力した。
しかし、それでもダメだったのでやむなく解雇した」

という実績が必要です。





「そこまでしなきゃいけないのか」

と思われる経営者の方もおられると思いますが、
そこまでしないと裁判所は企業側の声に耳を傾けてくれません。



別の仕事を担当させる、
あるいは配置転換をするときのポイントは、



問題の社員に対して、

「今回別の仕事に移ってもらうのは、あなたが現在の職務を十分にこなせてないからですよ」


というメッセージを明確に伝えることです。


経営者や管理職の立場からすれば、
能力不足などということは
なかなか面と向かっていいにくいことかもしれません。



しかし
これを明確に言っておかないと、問題の従業員の立場からすれば、

「いままで特に問題点をしてきされていなかったのに、
ある日突然呼び出されて能力不足だと言って解雇された」

ということになります。




このような場合、裁判所は絶対に解雇を正当とは認めません。



別の仕事を担当させる、あるいは配置転換をすることを決めたら、
能力不足の社員と面談をもち、
その場で、異動の原因は能力不足にあることを明確に伝えて下さい。




そして、伝えた内容を記録に残すことが必要です。



このような明確な警告をしながら、
能力不足の社員を配置転換し、
別の仕事を担当させた実績を作り、

それでも能力不足だと言う場合に
裁判所はようやく解雇が正当だと認めてくれるのです。
コラムニストプロフィール
20100826-100826_nishikawa.jpg

西川 暢春(にしかわ のぶはる)
弁護士法人咲くやこの花法律事務所

当事務所は大阪本町に所在し、主に企業経営者向けの法律サービスを業務としています。
中心的な取り扱い分野は、①契約書の作成、確認業務②中小企業のトラブル、クレームその他紛争の解決③IT・著作権のご相談④裁判業務⑤労働問題のご相談⑥不動産に関するご相談などです。
時代のニーズに合った対応の早さと、説明のわかりやすさに徹底的にこだわり、お客様のお役に立てる事務所を目指しております。
初回の法律相談は30分5,250円の料金で承っております。また顧問弁護士ご希望の方には無料で面談を行い、顧問料のお見積もりや顧問契約についてのご説明を行っております。ぜひ気軽にお問い合わせいただください。