総合
正しい期間で業績を確認する

初めて打ち合わせをさせて頂く経営者の方と、月次残高試算表を見ながら
お話をしていると、「う~ん、売上も利益も自分の感覚と違うんですよね~。。」
という会話によくなります。

その原因を経理担当者の方に確認してみると、
①会計期間は末日〆だが、売上も仕入も20日〆のため、仕訳は請求書の〆日を
基準に処理している

②アルバイトが多いが、人件費は15日〆末払いのため、こちらも支給日に経費を
計上しており、会計期間と異なる

③通常月の経理処理は、全て現預金で処理していて、決算時に未払金や買掛金の
計上を行っている

④決算間際に節税対策で入った保険料や、地代家賃の前払い、減価償却費の計上を
行うので、決算月は大幅に赤字になる

といった点が主な原因として挙がってきます。
しかしながら、今まで請求書や給与などで利用してきた〆日を急に変更するのは
難しい面も多いですし、会計期間を変更したところで、今度は経営者がデータを
見づらくなってしまいます。

そこで、解決策として考えられるのが、
①会計期間に合った仕訳計上の仕方

②年間経費は月額経費に換算する

という2点の考え方です。

①の場合、仮に経理処理は20日〆で行っている業務については、
1日~20日で仕訳処理、及び21日~末日で同様に仕訳処理を行うことで、
売掛金や買掛金・未払金などの貸借対照表の残高管理も行いつつ、
一ヶ月間の正確な数字の計上が可能になります。

また、②については、年間で支払う大きな経費を1か月に換算して
経費計上を行います。例えば、年間240万円の減価償却費であれば
月額20万円ずつ計上する、という感じです。

この方法をとることで、経営者が求める1カ月単位での会社全体の
業績管理が可能になりますし、決算時の数字の予測も行いやすくなります。

皆さんの会社では、どのような経理ルールで数字の管理をしておられます
でしょうか?
今一度、自社の経理ルールを確認して、経営者が正しい経営判断が行える
データ管理を心掛けましょう。
コラムニストプロフィール
20100804-ms_morioka_img.jpg

森岡 寛(もりおか ひろし)
株式会社M's FACTORY(エムズファクトリー)
大阪・神戸を中心に中小企業向けの財務コンサルティング業務を実施しています。
具体的業務としては、①経理業務の改善アドバイス、②月次財務報告書の提供・報告、③金融機関からの資金調達・返済相談、④資金繰り改善アドバイス、⑤予算設定・管理、⑥管理会計導入、などが挙げられます。また、現在は訪問財務コンサル(関西圏対象)と、ITツールを活用したWEB財務コンサル(全国の中小企業が対象)の2つのサービスを展開しています。