経営者として考える
最新ネット配信システム 関西初導入! TriCaster 450 Extreme

企業防衛軍の薮本です!
企業防衛軍Ustreamを配信しているサムシングファンスタジオでは、新たにバーチャルセットなどを利用できる新機材を導入しました。

これまでにないプレゼンテーション番組を改めてお届けしてまいります。
ゲスト出演されたい方も同時に募集しております。

ぜひお気軽にお問い合わせください。

ネット配信やバーチャルスタジオなど高品質・低価格な映像サービスを開始

株式会社サムシングファン(代表取締役:薮本直樹 大阪市中央区 http://www.somethingfun.co.jp/ )は、海外の放送局で多く利用されているネット配信システム トライキャスターの最新機種、TriCaster 450 Extremeおよび専用スイッチャー(450 CSハードウェア・コントローラ)を関西の映像制作会社として初めて導入し、2012年3月より運用開始となりますのでお知らせいたします。
この機材を導入することで、手軽にインターネットライブ配信を行えるだけでなく、3Dバーチャルセットスタジオを利用した合成映像を制作できるようになります。

年間1,000本以上の映像制作実績を持つ、サムシングファンは、お客様にさらに高品質な映像を提案するため、TriCaster 450 Extremeの導入を決定致しました。
これにより、放送局並みの映像を4時間15万円という価格で提供することが可能。これまで映像活用経験の無い企業でも、品質・価格共に安心してご利用頂けるようになりました。

サムシングファンスタジオ
  
今後トライキャスターを使用し、様々業種に映像サービスの販売を行う予定です。
・小売業への通販番組風動画
・コールセンター向けマニュアル動画
・MR向けロールプレイング動画
・大手企業向け社内報動画
・eラーニングコンテンツの制作
・IRや株主総会などのネット配信


また、今回の機材導入・スタジオリニューアルに伴い、下記の日程でスタジオ見学会を行います。

【スタジオ見学会のご案内】
【日 時】2012年2月23日(木)10:00〜19:00
【場 所】サムシングファン スタジオ(大阪市中央区淡路町1-6-2 TNJ大阪ビル1F)
【内 容】バーチャルセットなど新サービスを体感。実際にトライキャスターを使用し、デモ映像を作成。操作いただくことも可能です。
【申し込み方法】下記URLの申し込みフォームよりご連絡ください。
http://p.tl/R9Vz

サムシングファンでは、TriCaster 450 EXTREMEをご覧いただき、実際に操作などを体験することができます。
是非一度見学にお越しください。
※マスコミ担当者の見学は、デモも合わせまして随時受付けております。写真撮影・公開も制限ございません。

山口恵
広報担当:山口

【お問い合わせ先】
株式会社サムシングファン http://www.somethingfun.co.jp/
TEL:06-4303-3111 FAX: 06-6231-5777
E-MAIL: info@somethingfun.jp  (担当:波多野・池田)

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【TriCaster 450 EXTREME とは】
TriCaster 450 EXTREMEは、ラックマウントタイプ(2U)のコンパクト筐体に番組制作に必要なスイッチャー、テロッパー、クロマキーヤー、バーチャルセット、ノンリニア編集などといった、高度な映像制作に必要な機能がすべて搭載された配信用機材です。

TriCaster 450 EXTREME
TriCaster 450 EXTREME

TriCaster 450 CSハードウェア・コントローラ
TriCaster 450 CSハードウェア・コントローラ

トライキャスターによるバーチャルセット
トライキャスターによるバーチャルセット

TriCaster 450 EXTREME とは
14Ch Switcher
ライブカメラ入力 x 4ch
ネットワーク入力 x 2ch
DDR(デジタルディスクレコーダ) x 2ch
Graphic(デジタル素材) x 1ch
フレームバッファ x 1ch
バーチャルインプット x 4ch

• 4つの映像入力と2つのDDR(デジタル)さらにネットワークを利用した2つのPC画面入力、タイトル、静止画、4つのバーチャルセットなど、合計14チャンネル分の素材をリアルタイムにスイッチング

-1080i、720pに加え、1080p30/1080p25/1080p24、720p30/720p25/720p24の信号入力をサポート
-AUX出力設定により、カメラ入力やDDRの映像素材など、プログラムアウトの映像以外の映像を1系統出力
-1080i 59.94の映像では、40時間の映像収録が可能
-アルファチャンネル(Fill+Key信号)入力が可能なため、外部テロップシステムの出力信号をサポート
-ストリーミング設定のプリセット化
-マルチビットレートのストリーミング設定をサポート
- メディアプレーヤーに読み込まれたクリップごとのオーディオレベル設定
-Apple AirPlayのサポート。iOSデバイスからのビデオとオーディオの入力
-Windows PCやMacの画面入力(iVGA/ネットワーク経由)
-マルチモニターを利用したワークスペースのカスタマイズとモニター出力
-オーバーレイチャンネルには、3Dの回転や移動、スケーリングに加え、フェードイン、フェードアウト以外のアニメーション効果をつけることも可能
-DDR(デジタルディスクレコーダ)と、外部PC画面入力が各2チャンネル利用可能。
-サウンドプレーヤーの追加により、DDRとは別にバックグラウンドの音声やジングルなどの音声をコントロール可能
-IsoCorderテクノロジー:プログラムアウトを含め、4チャンネルの映像を同時収録
- オーディオ設定のグループ化と映像との同期
-リニアタイムコード(LTC)のサポート
-Animation Store:オーディオやアルファチャンネルを含んだフルカラーアニメーションのトランジション作成機能
-複数のフォーマットでのレコーディング(Mpeg2、AVI、QuickTime、H.264)
-オーディオイコライザ、コンプレッサ/リミッター機能
-Apple ProResメディアファイルのインポート
-SATA HDDホットスワップと増設

経営者として考える
L字の誇り

企業防衛軍の薮本です。
『東北地方太平洋沖地震』が発生して4日目迎えました。

被災地以外では本日から普通の1週間が始まりますが、まだ状況把握すらできていない現状に心配な人たちも多いと思います。

インターネットによるコミュニケーション手法は現在もとても役立っているのではないでしょうか。

私が所属する社会奉仕団体大阪ニューセンチュリーライオンズクラブでは、スカイプやMLといったメンバー間のコミュニケーションツールを利用して緊急ドネーションの決議と募集を行いました。
この週末で15万円以上の寄付金をメンバーより頂戴することができました。

また、今最前線で被災地支援をおこなっているであろう日本赤十字社様の私どもクラブの担当者さんと電話がつながりました。
忙しい中本当にありがとうございます。大阪ニューセンチュリーライオンズクラブとして義援金とあわせて、アクティビティ協力もお伺いしたところ1週間後以降で献血を協力してほしいとの声を頂戴しました。

日本赤十字さんは現地でも下記サイトのように幅広い支援、救援業務を行っておられます。
http://www.jrc.or.jp/domesticrescue/l3/Vcms3_00002060.html

まだ、正式に寄付の受付情報はサイトにはUPされてませんが、大阪ニューセンチュリークラブへはFAXにてご指示いただけるということになりました。
皆さんは、正式な情報UPを受けて間違えないように善意のご入金をお願いします。

3月20日被災地支援のため梅田HEP前の場所を確保して献血活動を日本赤十字社と行う予定です。
皆さん献血にぜひきてください。そして手伝っていただける方も募集しています。私のツイッターまでリプライいただけると幸いです。

今回、私のツイッターでの大阪NCLC発信をうけて外部の方からの共同寄付の提案や、献血へのお手伝いをしていただける方からの返信を頂戴しました。

ライオンズクラブでは、今回の震災に関して昨日1億円の寄付を発表しました。
また、ぞくぞくと各クラブからも支援の表明があるはずです。

L字の誇りを掲げた活動に期待しつつ、大阪ニューセンチュリーライオンズクラブでも活動をおこなってまいります。

http://www.lionsclubs.org/JA/lci-foundation/disaster-relief/japan-update.php